VDOT O2で本当?の走力を知る

ランニング

ガーミンウォッチで計測されてしまうVO2MAXはあまりにも高すぎる!ということから、最近別のアプリを導入してみました。

知る人ぞ知るジャック・ダニエルズ氏の提唱するVDOTです。

実はまだ著書のランニングフォーミュラそのものを読んでないので、VO2MAXと何が違うのか、違わないのか、という初歩的なことも分かってません。

ただ、このアプリでは最近の自分のレース結果を入力して、そこから数値を出すので、ガーミンよりはアテになるのではないかと。

↓この画面で直近のレース結果を入れてみました。まず1月のハイテクハーフ、ネットタイムの1:27:03でVDOTは53.0。ガーミンとは11もの開きが。

続いて3月の板橋シティマラソンです。これもネットの3:13:41で。

ついに50を切ってしまいました(^_^;)

ついでに4月に走った10.5㎞のタイムを10㎞に換算すると40分15秒ですので、こちらを入力するとVDOT51.6でした。

つまり、

  • 10㎞ 51.6
  • ハーフ 53.0
  • フル 49.9

となり、おそらくこの辺りが現在の走力になるのではないかと思います。

ハーフとフルのコースは平坦ですが、10㎞はそれなりの高低差がありました。

体感的にもハーフがいちばん楽に走れたので、この中では数字が良いのでしょう。

ということで、ハーフの53を逆にフルマラソンの予測表に当てはめてみると、

3:01:39の数値が出ました!^ ^

このところ、フルマラソンは30㎞以降の失速を恐れて、前半は4分30秒を目安に走っていましたが、それでは記録は伸びませんよね。

もしこの数値や表の通りとするなら、ハーフのスピードをもう少し維持できれば、3時間0分台も狙えそうです。

もちろんそれには、30㎞のペース走などもう少ししっかり取り組むことが条件でしょうけど。

そして予測表の数値がもし出たら…

60歳過ぎのサブスリーも夢じゃない⁉︎

って思えてきました(^。^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
5+