ガーミンのVO2maxを考える②〜つくばマラソンのデータより〜

ランニング

つくばマラソンを3:30:36で走ったあと、ガーミンウォッチのVO2maxを見てみました。

するとこのところの数字と変わらない63。で、予想タイムを見ると、

いや、月曜に疲労抜きのつもりで走ったあと62に下がってしまったのでその数字がこれ↑です。

やっぱりあり得ない…

ガーミンコネクトでつくばの数字をもう一度確認してみます。

本当はずっと150くらいをキープしていけるといいとは思いますが、今回は前半をかなり抑えたのでこんな感じですね。

ペースはほぼイーブンですが、心拍数はやはり後半につれてどんどん上がってます。

さらにパフォーマンスコンディションのグラフを見ると、2時間を過ぎたあたりからだんだん下がりはじめ、2:49:32を境にマイナスになっています。

ペースが42㎞を通してほぼイーブンなので、このグラフは心拍数との相関であることは間違いありません。

後半にがんばり出したことで心拍はどんどん上がりました。しかし実際のペースはそれほど上がっていないので、結局それがパフォーマンスの低下とみなされたわけです。

うーん、これは実感と違いますね。

前半は楽に走ってるのですから、当然心拍は130台くらいにしかなりません。

でも後半は辛くなっている中で、同じあるいはちょっと速いペースで走ってるのですから、心拍数は相当上がるに決まってます。

そういう状況、状態をまったく考えず、数字だけでパフォーマンスを判断されてもなあ…

いや、これは計測の仕方ですからそこに文句を言っても仕方ありません。頑張りを反映してほしいとは思いますが(^_^;)

私が使っているガーミンは735XTJで、心拍数は手首で測っていますが、それが正確かどうかはとりあえず問題にしないことにはします。

ただ、ここで計測されるVO2maxというのは、いつも一定の状況で測らないと正確なデータとしては使えないのではないでしょうか。

たとえば10㎞のスピード練習、あるいは20㎞以上のペース走。それを行うときだけ心拍数を測定して、その変化を見ていく、というのであればいいと思うのですが。

と言いつつ、きょうの6㎞程度のジョグで数字が下がったのが気になったりしています。なんでしょうねー(^◇^;)

(関連記事はこちら)↓

https://penta-3.com/2019/06/20/vo2max/

次の記事↓

https://penta-3.com/2019/11/26/garmin-vo2max-3/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
5+