大学入試共通テスト、遅すぎる決断とその問題①

教育

英語民間試験の導入延期から始まった混乱

11月1日に、荻生田光一文部科学大臣から、大学入試共通テストに導入される予定だった英語民間試験の活用を延期するという発表がありました。

その5日後、その外部試験で最も受験生の多い日本英語検定協会が「今後の方針」を発表しました。

それによると、来年度の第1回検定の予約受付者は全国で約30万人。検定料の一部として3,000円をすでに徴収しています。

英検協会といたしましては、今回の荻生田文部科学大臣の発表を受けて、「S-CBT」(大学入試英語成績提供システム)に予約申込みいただいた皆様より頂戴しました検定料の一部金の3,000円をご返金申し上げる意思に相違ございません。しかしながら、英検協会も、延期の事実は、皆様と同様11月1日早朝の報道ならびに文部科学大臣の発表で始めて知るという状況でした。(中略)今後の対応を決定するには、まずは文部科学省から本件に関する詳細を伺い、皆様への返金方法や手数料等につきまして同省と協議させていただく必要があります。協議の上で確定しましたら速やかにご報告させていただきますので、今暫くお待ちいただきますようお願い申し上げます。

日本英語検定協会HPより

このように、英検協会も青天霹靂で、かなり混乱している感じでしたね。

このあと、「受験をキャンセルする場合は手数料なしで全額返金する」「予定通り受験する場合は従来型の英検よりも受験料を安くする(3級を除く)」という発表も追加でありました。

さらに問題の内容も検討し、受験会場も増やすなど、予約金を払った受験生にはなんとかキャンセルしないで受けてもらおうという対策が打ち出されています。

この点だけを取り上げてみても、今回の急な延期は現場の高校生や教師だけでなく、その周辺にも大きな影響を与えています。

そして今回の記述問題の導入延期

入試改革の2本柱のもうひとつであった国語・数学の記述問題についても、12月17日、延期が発表されました。

こちらも、たとえば問題集など、教科書以外の副教材を作っている出版社への影響は相当なものだと思います。

各学校では、来年の共通テストを見据えて、現2年生用の教材をいま選んでいます。

その選択に間に合わせようと、どの出版社もかなりの労力を払って新しい教材を作ってきたのではないでしょうか。

国語であれば実用的な文章を取り入れ、自己採点のしやすい記述問題を入れ、今までになかったものをゼロベースで作ってきたと思われます。

それもすべて無になりました。来年その教材を採用する学校はないでしょう。

「最後」のセンターのはずだった現3年生は・・・

新テストに直接は関係のない高3生も、実は少なからぬ影響がすでにあります。

システムの変更が不安なので「浪人」はできない、という空気が、進路先の決定にも影響していたのです。

具体的には、たとえば指定校推薦で、早めに進路先を決めてしまいたいということがあります。第一志望を狙って失敗するよりは、より安全な道を行こうとする心理です。

一般受験でも、現状では第一志望校の合格が厳しい生徒は、早めに受験科目を変更したり減らしたりしてします。これも安全志向のひとつです。

つまり、リスクを取らないことを優先して、自分の本当に志望する大学や学部を選ばなかった可能性があるということです。

「そんなことならやっぱり第1志望を受けたかった」という生徒がどれほどいるかは分かりませんが、少なくとも延期するならこの夏休み前には決定していなければ、と思います。

英検も申込みは9月からでしたので、7月中の決定なら、返金問題も生じませんでした。

いや、文科相の「身の丈」発言があって、急に今回の延期になったのですから、それもあり得ない仮定なのですが。

本質的な問題は何なのか?

この延期の判断を、世間的にはおおむね評価しているようです。しかし、そもそもセンター試験を廃止し、新テストにしようとした理由を分かっている人はどれほどいるのでしょうか。

本質の議論ではなく、世間では共通テストの問題ばかりがクローズアップされている気がするのですが、いかがでしょう。

「公平性やその実施方法に問題がある。そんな試験はやるべきではない。」

それが正しいとして、では現状のセンター試験のまま今後もずっといくべきだとお考えなのでしょうか?

その点について、次回もう少し整理してみたいと思います。

(次の記事↓)

https://penta-3.com/2019/12/18/university-entrance-examination-2/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
3+