2020「勝田全国マラソン」〜VO2maxが64に! ガーミン心拍計の誤作動?〜

ランニング

目標タイムの3時間15分を切れず、ちょっと残念なレースでしたが、もう少し振り返ってみます。

ペースそのものは4分30秒くらいで行ければと思ってました。

最初の1㎞は渋滞なので仕方ありませんが、15㎞まではほぼ予定通りでした。

ところがこのあと早くも足が重くなってきました。まだ先が長いので、無理せずペースを落とします。

ハーフ過ぎのトイレタイムはともかく、この15〜30㎞で2分遅れましたね。

30〜37㎞。どんどんペースは落ちますが、5分台に落ちると3時間20分も危ういので、ここはとにかく粘り。

残り5㎞。大通りに戻ればラストだと思えるので、少しだけペースも上がります。

両足の親指はかなり痛くなってきましたが、後のことは考えずとにかく前へ。

このまま行けば、15分は無理でも16分台は出るかも、と思いながら走りました。

結果は17分14秒でしたが、落ち込みを最小限に抑えられたので、まあよしとします。

ところで、30㎞過ぎにガーミンを見ていて、気になる事がありました。

なぜか急に脈拍数が上がったんです。それも最高194!

とくにペースを上げたわけでも、急な坂だったわけでもなく、原因が分かりません。

誤作動なんでしょうけど、ちょっと気になりました。

パフォーマンスコンディションも、脈が上がったところから急に落ちてます。

それにもう一つ、先々週のハイテクハーフで63だったVO2MAXですが、なんと

64になってました!

うーん、心拍と言い、VO2MAXと言い、体感と数値が全然違うというのが納得できません。

数字が上がるのは嬉しいけれど、実感がないので微妙ですね。

ちなみにVDOTO2だとこのタイムで48。ハイテクハーフの記録を考えると、もう少しタイムを伸ばせたかな、とも思います。

このタイムは昨年のマラソンランキング60歳の部だと56位。さて、どうでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
6+