NO MAGIC TOUR 2019

back number

長野2日目はback numberのライブ。

ビッグハットのキャパは8,000人とのこと。10代から30代の、特に女性が中心で、私たちのような熟年層はチラホラです(^_^;)

開場前のグッズ売場はもちろん、back numberのアーチやロゴ入りトラックの前にも長蛇の列が。

写真を撮るために1時間以上も並びました^ ^

ほとんどの人がグッズのタオルを広げてましたが、なぜか2枚目は必ず後ろ向きになって撮っています。

インスタ用なんでしょうか(^ ^)

今回はアルバム「MAGIC」の曲が中心でした。真ん中の前から7列目という素晴らしい席で聴くことができました。

「瞬き」の歌詞が沁みます。

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が

繰り返すようなものじゃなく

大切な人に降りかかった雨に傘を差せることだ

そしていつの間にか僕の方が守られてしまう事だ


「星」「朝」「雨と傘」という比喩がすべてを物語ります。

誰もが求める「幸せ」とは、決して絵に描いたような毎日の繰り返しではなく、大切な人の悲しみや苦しみにそっと寄り添えることだと。

「傘を差す」でなく、「差せる」という言い方にも注目してみます。

寄り添うのでなく、寄り添う「ことができる」ということが幸せだと。

大切な人の悲しみを共有することで、自分も救われるという…実感です。


いつもそばにいつも君がいて欲しいんだ

目を開けても目を閉じても


そう思える人がいることが幸せなんですよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
4+