宮古島への旅1日目その1~え?飛行機が遅れて那覇からの乗り継ぎができない!?~

旅行

座席予約を忘れてた!

行きは羽田から那覇へ行って、乗り継ぎで宮古島に向かう予定でした。

ただ出発3日ほど前になって、なんか忘れてるよな・・・と思ってたら、そうです、飛行機の座席指定をうっかりしてました!

慌ててeチケットを見て座席予約の画面に入りましたが、案の定、行きの那覇便は並びの席があと1箇所。窓際ではないですがすぐに押さえました。

次に那覇から宮古への便を見ると、残念ながら空席は5つほどで、しかもバラバラ。

諦めきれないのでネットで検索してみると、どうも旅行業者が確保している席がまだあるようで、それをANAの場合は出発前日の午前0時に開放する、みたいなことが書いてありました。(JALは当日の午前5時らしいです。)

それでその時間まで起きて待ってみたのですが、結局状況は変わらず、おまけに帰りの宮古から羽田の便はその時点で空席0。

まあ取るのが遅かった自分が悪いので仕方ないのですが、そうなると出発当日は空港の手荷物検査を受ける前に、窓口で座席指定を受けなくてはなりません。

それで仕事でギリギリになりそうなNさんとは空港で待ち合わせることにして、かなり早い時間に家を出ました。

10時半頃に羽田に到着したのですが、来る途中で見たメールのとおり、ANA0473 便は到着機が遅れた関係で、出発が1時間10分遅れになると案内板にも。

3時間30分以上も待ち時間になりましたが、まあそれよりも乗り継ぎ便の座席です。窓口に行くと、「並んだ席の方がよろしいですよね?」と聞いてくれて、後方でしたが無事取ることができました。

ところが。

私:「473便が遅れるそうですが、乗り継ぎはできるんですよね?」

受付嬢:「ちょっとお待ちください(と言って確認に)」「(戻ってきて)今のところお乗りになれるようですが、状況によってはお乗り継ぎできないかもしれません。」

私:「え?」「待ってくれないってことですか?」

受付嬢:「申し訳ありません。できるだけお乗りになれるようにするのですが、お約束ができません。」

つまり、予定時刻に出発できるか、気流の状況はどうか、など、乗ってみないと到着時刻は正確に分からないのでなんとも言えない、乗り継ぎがダメならその後の便に乗るか、翌日になるか、それも席が空いているかによる、事前にキャンセルして那覇行きにも乗らないこともできる・・・という究極の選択です。

ANAはこれ以降今日中に宮古まで行ける便はないので、もし乗り継ぎできなければ当然あしたの宮古島マラソンは走れません。けれど旅行全体をやめるという選択もあり得ないので、もう乗り継ぎできると信じて乗るしかなさそうです。

さらに3日後の帰りの便もこの時点で空席0。聞いてみると、やはり帰りの宮古空港で、窓口での座席指定をするしかないということでした。

やれやれです。

ハプニングも旅の面白さ

まあこういうこともあるよね、と合流したNさんと話しながら、搭乗口前で待つことに。

でもちょっといいこともありました。

なんでも出発が1時間以上遅れた場合は、手荷物検査の時に渡される「保安検査証」を持って行くと、1,000円分のクーポンになるらしいです。

案内板にも書いてありました

この仕組みは航空会社や空港によっても違うようですが、使えるのは検査場を通過後なので、羽田の搭乗口内の売店か食堂のみになります。

空港内は食堂もかなり高い値段でふだんは絶対食べないのですが、ちょうどお昼時、せっかくなので利用させていただくことに。ふたりで320円の超過分を出しておいしくいただきました。

このあとカウンターから呼び出しがあって、乗り継ぎできないかもしれないけどそれでいいかどうかの念を押されました。なんでも対象者が50人くらいいるそうです。マラソンの人も多いでしょうからね。それだけいればきっと何とかしてくれるだろうと期待。

結果オーライで幸先よく

さて、結局那覇行きは18:40くらいに着いたので、ちょっとだけ急いで無事に宮古行きに乗ることができました。

やきもきしましたが、飛行機だし、このくらいは日常茶飯事なのでしょう。

まあ最悪でマラソンを走れない程度、と考えればそんなにイライラすることもありません。

クーポンももらえたし、間に合ったし、結果オーライで楽しんでいきたいと思います^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2+