スピード練習は「孤独」との戦い

ランニング

どんな競技でもそうだと思いますが、結果を出そうと思ったらそれなりにハードな練習が必要ですよね。

ランニングで言えばやはりスピード練習。やり方はさまざまありますが、キツイのは同じ。

それに取り組めるかどうかは、意志の力が試されます。だから「自分との戦い」と言うのが普通なのでしょう。

でもそれを敢えて「孤独」と言い換えてみました。

結果を出すためには?

レースで満足のいく結果が出たとき、何が良かったのか考えます。

もちろん理由をひとつに決めることは出来なくて、「多分こうだったんじゃないか」としか言えないのですが。

ただし、レース本番の走り方と言うより、それまでの準備に大きなウエイトがあることは間違いありません。

「長い距離を踏めた」「筋トレを加えた」「うまく疲労が抜けた」「スピード練習ができた」など、いずれも今まで体感してきたことです。

でもそれも結果論で語っているだけで、本当はどうだったのか…

きちんと分析できればとっくにサブスリーなんでしょうけどね(^_^;)

スピード練習の必要性

目標とするレースが何か、それによって練習も変わってきます。

たとえばウルトラマラソンの完走が目的であれば、とにかく長い距離、30㎞以上をゆっくりでも走ることでしょうね。

でも、フル以下のレースは基本的に「タイム」を狙っていますから、ジョグやロング走だけでは足りないです。

そうなるとスピード系の練習をやるしかないと分かってはいるのですが…

できない理由はいくらでもあって、すべて言い訳ですが、きつい状況に自分をなかなか追い込めないんですよね。

以前はそれを自分の意志の弱さのせいなので、自分で解決するしかないと思っていました。

でも最近、つくづく思うことがあるんです。

誰と走るのか、がもっとも大事

先月、競技場のトラックで3,000mTTをやりました。その時は十数人で一緒に走って競う形でした。

もちろん最下位でしたが、少しでも離されないように、という気持ちはあってタイムは11:40。

先週も同じコースで同じ距離を走りましたが、違うのはひとりでスタートしたこと。先月のタイムより少しでも速く、というのが目標でしたが、タイムは11:43。

そしてきのう、近くの公園でまたひとりで走ってみたのですが、タイムは12:08、大きく遅れてしまいました。

コースもコンディションも違うので一概に比較はできません。でも同じように走っているつもりでも、やっぱり違うんですよね。

練習は基本的にひとりでするものです。でもスピード練習のような厳しい内容をこなそうと思ったら、そこに仲間やライバルがいてくれた方が絶対にいいんです。

なぜ一緒に走る方が頑張れるのか?

練習で出したことのない記録が本番で出るのはなぜか?

「自分」の弱さを叱咤激励してくれる存在がいるからですよね。

その「つながり」が思わぬ力を出させてくれるんですよね。

だから自分と戦う必要はないんです。

「孤独」であることから抜け出せば、「孤独」でさえなければ、厳しい練習にも立ち向かえる自分がいるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
5+