絶望のなかで

ココロ

「不安」と「希望」は同じことの裏表であって、対義語ではありません。

辞書的に言えば、「不安」の対義語は「安心」、「希望」は「絶望」でしょう。

不安の多くが未来へのものであるのに対して、絶望は「今、ここ」にあって、しかも決して変えることができない現実。

先のことなど一切考えられないし、おそらく誰の、どんな言葉も届きません。

まして、「希望」などと。

そんな時、どうしたらいいのでしょう?

フランクル「夜と霧」

わたしたちが生きることからなにを期待するかではなく、むしろひたすら、生きることが私たちからなにを期待しているかが問題なのだ、ということを学び、絶望している人間に伝えねばならない。

「どうすればよいか」という問いへの答えはありめせん。

ただ、「どう考えたらよいか」には、このフランクルの言葉があります。

生まれて、生きている以上、存在する「人生」。その人生がわたしに何を期待しているのか、私が私の人生に何ができるのか。

「私の人生」という逃れられないものを、敢えて対象化し、客観視する…なんという知恵でしょう。

この言葉を知っていたからこそ、妻の病気や死にも耐えてこられたような気がしています。

あなたがもし、救われない苦しみのただ中にいるのなら、少しだけこの言葉が響いてほしい、そう思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
3+