ランニングの故障、原因は厚底シューズ?

chair scenery summer abandon
Photo by Zino Bang on Pexels.com
ランニング
mon
膝が痛くて1週間も走ってないんだってね~

そうなんです。先週の日曜日、10月11日にスピード練習をしたあと、翌日にjogしたら8km過ぎに膝が痛くなりました。

24日(土)の葛飾トライアルマラソンにエントリーしているので、その2週間前、最後のハードトレーニングのつもりだったんですが・・・

この日は時々参加している練習会に行き、若くて速いランナーたちから刺激をもらってがんばろう!と思って少し無理してしまいました。

示された練習の内容は、

20分イージー~モデレート → 1分イージー → 52分TempoRun(ペース走)  → 2分イージー → 20秒Stride(ダッシュ)×5本

というものでした。合計約80分、今までやったことのない練習ですが、他の速いランナーに合わせる必要はなく、自分のペースで行けばいいので何とかなるだろうとそのメニューにチャレンジしました。

設定通り最初の20分は4分50秒から5分。夏の疲労も残っているのか、このところスピードが出せないのでこのあとのTempoRunは4分30秒が目標です。

コースは甲府市の小瀬スポーツ公園3kmの周回コースで、アップダウンはそれほどありません。他の30以上も歳の違うランナーにはついて行けないどころか、キロ3分ペースのトップ2人には越されましたが、まあなんとか設定タイムはクリアできました。

で、最後の20秒ダッシュもなんとかこなして帰ったのですが・・・

翌日のjogで異変が

このところ雨続きだったせいもあり、日曜のランは5日ぶりでした。だいたい3日も走らないと気持ち悪くなるのですが、ちょっとサボってましたね。

それだけにちょっと張り切って走った感はありますが、特に問題もなく月曜日もゆっくりjogに出掛けました。

ところが8km過ぎて、どうも左膝の下あたり、いやーな痛みが発生。以前何回か痛めた腸脛靭帯か、それとも別の箇所か、とにかく家までの残り2㎞は大事をとって歩きました。

それから1週間、時間はあるのに走れない辛さを過ごしています。やっぱり日曜のハードトレーニングがいけなかったのでしょうか?

確かに5日ぶりに走ったにしては早いペースだったということもあるでしょう。そして最後の5本ダッシュも、それほど目いっぱいという感じではないと思ってはいましたが、普段やりなれないトレーニングで負荷がかかったことは否めません。

けれど、この程度ならふだんやっていないわけでもない。なんでだろ?と考えているうちに、ふと思いました。

「初めて履いた厚底シューズのせいでは?」

自分の走り方には向いていないだろう、キロ3分台のスピードもう出ないのでさすがに厚底は、と敬遠していたのですが、NIKEだけでなくてこれだけ各メーカーで出てくると、「ちょっと履いてみようか」という気分にはなります。

ASICSのエボライドが価格的にもいいかな、と思ったのですが大人気で25.5サイズがどこを見てもありません。

そこでとある別のメーカーの旧モデル(名前は伏せますね)をお試しのつもりで1万円ちょっとで購入しました。

履いてみると、確かにクッション性が高いのに、軽くて自然と脚が前に出る感じがします。

これはスピード練習でないと、と思って走ったのが先ほどのメニューです。

ペースとしては4分30秒を切るくらいで、それほど心肺に負荷がかかっているわけではないのですが、やはりそれなりに脚は使います。

厚底に合った走り、フォームというもののイメージはあるものの、それを意識しながら走れるようなペースではありません。

で、それなりに走れて満足してその日の練習は終わったのですが・・・

翌日からの膝の痛み

次の日、軽めのjogを10kmほどしたときのことです。8kmあたりまできて、妙に左膝の下や外側に違和感が出てきました。

痛くいて走れないほどではないものの、これは棄権なサインだとそこからはウォーク。こわごわ庇いながら家まで戻りました。

結局そのあと、しばらく走れない、というか走らないほうがいい、という感じになってしまいました。

練習内容がそれほどハードではない、として、考えられる原因は、「加齢」か「疲労(オーバートレーニング)」か「コンデショニング不良」かです。

加齢ならばどうしようもないことだし、そうでなければしばらく休んで今後気をつけるしかありません。まあいままでも何回かあったことだし、仕方ない、と諦めていたのですが。

でも、いつもと違う点がひとつだけあったのが、「厚底シューズ」だったわけです。

慣らしもせず、いきなり履いてのまあまあ負荷の高い練習をしてしまったわけですからね。そういうこともあるかもしれません。

おそらくフォアフットで走れるような走力のあるランナーなら問題ないのでしょうが、私のようなヒールストライク(少しはミッドフットを意識してはいますが)の人にはやはり合っていないのかもしれませんね。

とは言え、まだ一度履いただけで確証はありません。この怪我が治ったら(完治するか分かりませんが)、またチャレンジはしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
5+