いつか「川の道」へ

ランニング

https://sportsaid-japan.org/NEW/guide/17kawa-site.pdf

今日は長野に来ています。

車で走っていると、リュックを背負ったランナーの姿が見えます。

昨年は長野マラソンの前日に「善光寺マウンドトレイル」(http://www.nature-scene.net/zenkoji/ )が行われていたので、それかなとは思ったのですが。

違いました。ナンバーカードを見ると、憧れの「川の道」ランナーです。

青のカードの方は今朝11:00に小諸をスタートしたということで、善光寺までの56㎞を約7時間半かけて来られました。

黄色の方は…30日の朝9:00に葛西臨海公園をスタートし、ここまで321.5㎞を81時間以上走ったことになります。

どおりで顔色と脚の運びが違うわけです(^_^;)

雁坂越えの143㎞や小江戸大江戸200㎞を走って、次は川の道をとずっと考えていますが。

仕事の都合であと3年くらいは出られないかな(^◇^;)

なのでヘトヘトのランナーたちが、羨ましく思えます。

「次の関門に間に合うかどうか厳しいので、どうしようか考えてます」というランナー。お気持ちはよく分かります^ ^

でもね、行けるところまで行ってくださいね。

自らのリタイアは、やっぱり後悔しますから。

これまで1回だけ、4年前の「雁坂峠越え秩父往還153㎞」を121㎞地点でやめてしまいました。

「歩けるけど走れない。このままだと完走できない。」というそれだけの理由で。

限界に挑戦しきれなかった自分に、今でも悔いが残ります。

止められるまでは進む。それがウルトラランナーの矜持ですよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
4+