2020年、走り初めレースは「ハイテクハーフマラソン」

ランニング

今年最初のレースは、荒川沿いを走る「ハイテクハーフマラソン」です。

https://hitech-half-marathon.net/outline/

このレース、以前「谷川真理ハーフマラソン」という名称だったときに初めて参加しました。思い返せば次男が小学生低学年だったので、もう15年以上前です。

その時は確か親子2㎞のレースがあって(現在はペアラン)2位に入賞し、賞品としてもらったボストンバッグは今も現役で重宝しています。

子どもはみんな成人してしまい、年代別表彰も絶対狙えない(45歳以上のカテゴリーしかありません)ので、最近はフルマラソン前の調整レースとして出場してます。

スタートは10時。前日泊まった東武東上線の大山駅から池袋乗り換えで18分。埼京線で赤羽に向かいました。

駅から徒歩で15分くらいですが、たくさんのランナーがこの1番街を通っていきます。

ここ赤羽は、昨年「本当に住みやすい街大賞」に選ばれたようで、アーケードの看板にも載っていました。

https://www.aruhi-corp.co.jp/cp/town_ranking/2019_kanto/

商店街にはたくさんの居酒屋さんが軒を連ねて、誘惑でいっぱいです^ ^

8:20頃会場に着くと、1万人以上のランナーがそれぞれアップしたり着替えたり、いつもの光景です。

雨の予報もありましたが、空は適度に晴れて暑くも寒くもない、走るにはちょうどいいコンディションです。

心配だった風もほとんどなく、新年最初のレースとしては絶好ですね。

ハーフの部には7,000人以上参加があったようですが、ウェーブスタートでしかも上流コースと下流コースに分かれるので、1度に走るのは1,000人ちょっと。申告タイム順の整列もみな整然として、それほど混雑もないのはいいですね。

10:00スタート! 記録計測板の通過は約26秒後。ネットタイム換算のための数字です。

上流コースは前半向かい風、後半追い風になることが多いのですが、今日はどうも弱い横風ですね。

高低差はほとんどないのですが、とりあえず前半折り返すまでは抑え気味に。4分0秒台が目安です。

給水での多少のロスもあるので、まあだいたい想定通り。

折り返してから、後半は少しペースを上げました。

追い風でなかったので思ったほどペースアップできませんでしたが、昨年暮れの東日本マスターズの時とは違って、走れるかどうかの不安要素がなかったことで気持ちはかなり楽でしたね。

「全日本ハーフマラソンランキング」対象大会でもないので、緊張もなく走れました。

記録はネットタイムで1時間26分16秒。先月より37秒早かったのですが、コンディションがよかっただけに25分台を出したかったと欲が出ました(^_^;)

さて、2週間後はいよいよ「勝田全国マラソン」です。目標は3時間15分。今日の記録をVDOTO2で計算すると…

もうサブスリーでもおかしくない数値ですが、そうは甘くないでしょう。

ここからの練習と調整が大事ですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
5+