back number 「見せ消ち」の歌詞

back number

江戸時代になって印刷の技術が進むまで、日本の書物は「写本」と呼ばれる、書き写しのものでした。

「見せ消ち」というのは、文字に線を引いたりして訂正するわけですが、あえて前の文字が分かるようにすることです。(「けち」は動詞「け(消)つ」の連用形。)

消されたもとの表現が、何らかの意味や印象を感じさせます。

「見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」という藤原定家の歌は、この「見せ消ち」が、ないはずの美しい花や紅葉を印象づけていますよね。

back numberの曲には、この技法が使われてるな、と思う歌詞がいくつかあります。

たとえば「ハッピーエンド」です。

今すぐに抱きしめて私がいれば 何もいらないとそれだけ言ってキスをしてなんてね 嘘だよ ごめんね

私をずっと覚えていてなんてね 嘘だよ 元気でいてね

今すぐに抱きしめて
私がいれば 何もいらないと
そう言ってもう離さないで
なんて 嘘だよ さよなら

出典「ハッピーエンド」作詞:清水依与吏

本当の気持ちは「嘘だよ」というしかない…あまりに切ないです。

「クリスマスソング」も同様です。

できれば横にいて欲しくてどこにも行って欲しくなくて

僕の事だけをずっと考えていて欲しい

でもこんな事を伝えたら格好悪いし

出典「クリスマスソング」作詞:清水依与吏

はしゃぐ恋人達は
トナカイのツノなんか生やして
よく人前で出来るなぁ
いや 羨ましくなんてないけど

出典「クリスマスソング」作詞:清水依与吏

実生活なら優柔不断な感じもするでしょうが、恋愛に関してはまさに共感しますね、この男心(^_^;)

いずれにせよ、言いかけてすぐそれを否定するこの「見せ消ち」が、詞の奥行きを作っていて、うまいなあと思います。

他にもたくさんありますが、また次回に^ ^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
4+