ピンチはチャンス、だけどタイミングが大事。

ココロ

ピンチの時こそ、日常では出会えない何かを得ることができる。そう思って、ピンチをチャンスと考える習慣をつけておくといい。

ただ、ここで大事なことがあります。

それは「タイミング」。

チャンスなのに、何もしなければそれは相変わらずピンチのままですよね。

もしその時が来たと感じたら、その時点でアクションを起こすことです。

「冷静に考えてからにしよう。」「少し様子を見よう。」とか、ついなりがちですが…

それって、変化を起こす勇気がなくて、そう言い換えてるだけかもしれませんよね。

時間の経過とともに消滅するピンチならそれもいいでしょう。でも本当のピンチは後をひくものですよね。

ランニングでも仕事でも人間関係でも。

失敗して、放置しておいて、傷口を広げるっていう…

冷静さや様子見が必要な時もあります。その行動がうまくいかないことだってあります。

だけど何もしないよりは、動いて失敗した方がいい。その経験はあとで絶対生きるんです。

何より、ピンチへの対処を自らしなかったら、そこから得られるものもありませんよね。単に流されただけ。

結果的にそれで収まる場合はあるけれど、でもそれはやはりチャンス=機会を失ったことになると思うんです。

ピンチをチャンスに変えるには、そのタイミングを逃さないアクション、その勇気が必要。

What is not started today is never finished tomorrow.(今日始めなかったことは、明日終わることはない。)

ゲーテの言葉です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2+