金沢・なぎさドライブウェイから兼六園、21世紀美術館

日々のこと

朝6時。まずはランニングで今日の下見に行きます。

金沢駅西口は「金沢港口」。こちらは東口「兼六園口」に比べると静かです。

そこから構内を通って「もてなしドーム」の撮影。

https://www4.city.kanazawa.lg.jp/s/11001/kenchikusanpo/pickup_top/pickup_2_01.html

そのあとは今日行く予定の兼六園と21世紀美術館駐車場の位置の下見に走ります。

真弓坂口。21世紀美術館にはこちらが近接。

母をなるべく歩かせないルートを検討の結果、桂坂口で降ろして真弓坂口から美術館というコースがよさそうです。

その後は今回行く予定のない、にし茶屋街へ。

犀川と言えば室生犀星
にし茶屋街はこじんまりしてました

10㎞ほど走ってホテルに戻り、朝食です。

ビュッフェスタイルですが、それぞれ小鉢に入っているので、好きなものを取るだけ。これは楽です。

ただラップを外すのに手間がかかりますが(^_^;) 美味しくいただきました。

9:30出発、車で「なぎさドライブウエイ」に向かいます。

砂がしっかり締まっていて、本当に浜辺を車で走れます。楽しい!

そのあと兼六園へ。

この日は北海道で37.9度を記録したとかでものすごく暑かったようです。金沢も同様ですが、庭園内は比較的涼しく感じられました。

このあとは21世紀美術館。

例のプールが目当てだったのですが、なんとチケットを買うまでが長蛇の列。30分以上かかりました。

チケットを買う際、写真NGとか注意事項の説明を長々とされるのが原因ですが、もしかすると美術館内の大混雑を避けるために入口で調整してるのでしょうか。

エレベーターも特徴的です。

さて、このあとは早めに今日の宿泊先の湯涌温泉へ向かいます。

「百楽荘」到着は14:40。チェックイン時刻より早かったのですが、気持ちよく対応してくださいました^ ^

ウェルカムドリンクは抹茶
5人部屋は次の間もついて余裕の広さ

おばあちゃんも子どもたちも宿の素晴らしさに感動。選んだ甲斐がありました(^_^)

家族風呂。こちらは空いていれば自由に入れます。
湯上りラウンジではアルコールも飲み放題。生ビールも!

お風呂は家族風呂4つの選択制です。 あまりの贅沢に言葉が出ない子どもたち…(^◇^;)

ラウンジで夕陽を見ながら
先付から始まって…
新館「彩新」へは徒歩ですぐ
大浴場の隣にゲームコーナー。無料です。
ダーツも本格的

夕食後ものんびり、というかアクティブに子どもたちと卓球やビリヤードなどで遊べました^ ^

さらにラウンジでワインとケーキ、部屋にはフルーツ、夜食のサービスまであってもう満足。

冷蔵庫の中に入っていたフルーツ

日曜泊で、かなり前に予約したこともあるのか、宿泊費は1人16,000円以内でした。コストパフォーマンスの高さに驚きです。

とりあえず親孝行、子ども孝行は出来たので、明日帰るまでこの非日常を楽しみたいと思います^_^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2+