金沢・湯涌温泉「百楽荘」から百番街「あんと」でお土産とランチ

日々のこと

今朝も湯涌温泉周辺をランニング。飲み過ぎのうえ山道なので、無理せず40分ほどのjogですが。

風情のある川べりの道でした

朝食は8:00〜9:30の時間帯で選べるとのことで、8:30から。これまた豪華です。

のどぐろの塩焼き

干物はカレイやシャケ、ふぐなどから選べるのですが、やはり1番人気はのどぐろでした。でも脂の乗ったシャケも美味しかったなあ。

手前がカレイ、奥のシャケも最高!

朝から金沢の食を堪能して11時のチェックアウト近くまでのんびりしました。部屋には豆からたてるコーヒーもあります。自分でミル挽きするのも楽しいです。

ちょっとした調度品が雰囲気を出してます

滅多にない優雅な旅館での1日を終えて金沢駅に向かい、30分ほどで金沢駅屋上駐車場に到着。ここならあまり歩かず百番街に行けます。

目的地は金沢のお土産が揃う「あんと」です。

金沢の方言で「あんやと」という「ありがとう」を意味することばが「あんと」の由来だそうです。

https://www.100bangai.co.jp/floorinfo-anto/

百楽荘で抹茶と一緒に出てきた「愛香菓」を見つけたので購入しました。

うら田「愛香菓」

5人がそれぞれお気に入りのお土産を買って、ランチは一度食べてみたかった金沢おでんになりました。

なんとか座れた「山さん」です。

とにかくダシが上品で、ちょっと今までのおでんとは違います。運転がなければ、お昼から一杯と行きたいところでしたね。

13:30に出発。18時過ぎに戻って、母を家に送り、東京に帰る次男を駅まで送り届けて、レンタカーを返却して、今回の旅行は終了です。

3世代、行きたかった金沢をそれぞれ堪能し、楽しんでくれたようです。2020年も行けるといいな^ ^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
4+