最後の年、ふと浮かんだback number 「日曜日」

back number

夏至のきのう、3年生最後の学園祭でした。

今年は例年になく過ごしやすい天気で助かりましたが、体育館の中は冷房もなく、生徒の熱気でものすごく暑くなります。

ラストの閉祭式。合唱やパフォーマンス、展示作品の順位が発表されるたびに大歓声が上がります。普段おとなしい子たちのパワーと笑顔と涙が溢れました。

その光景を見ながら、こうしたエネルギーを38年間ももらってきたことは幸せだったなぁとつくづく思います。

…でも、今年は何か、今までとちょっと違う感覚があったんです。

生徒と一緒に喜んだり悔しがったりということもなく、冷静というか、客観的にその姿を見ている自分がいるなあと。

この違和感、なんなのでょう?

そのときふと浮かんだのが、「日曜日」の歌詞でした。

「大事にすべきものは探せばいくらでもある」、確かにそうだけど。

「だけど本当はそんなにいくつものものは守れなくて」それも実感です。

「だから選ぶんだよ僕も君も…」

-それまでいろんなものを求めてきたけれど、本当に大事なのはいちばん大切な人と一緒にいられることだけ-

「たとえ世界を救えなくたって」「有名になれなくたって」「君を守る為に生きられたら後悔しないだろう」

-幸せは、大きな望みを叶えることでなく、大切な人を守れること-

長い間続けてきた仕事に愛着はあるけれど、もう区切りの年。いつまでもそこにとどまっているわけにもいきません。

欲しいものすべてが手に入るわけでなく、やりたいことすべて出来るわけでもないなら、本当に大事なものだけを選ぶしかないですよね。

38年間は過去のものとして、60歳からの新しい何かに向かえと。

そう囁く声が、違和感の正体でしょうか。

新しい何かはまだはっきりと見えないけれど、本当に大事なものだけは分かります^ ^


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
8+