還暦のサブスリー、しかも女性!

ランニング

久しぶりに何も予定のない日曜日。朝ベッドで何気なくFacebookを見ていたら↓

【60代でサブスリー世界最速女王がハーフでマスターズ日本新記録!】

弓削田真理子さん(61歳)が第21回ハイテクハーフマラソン(東京)で自らが持つハーフのマスターズ60代女子日本記録を20秒以上縮める1時間24分41秒のタイムで走り切りました。

https://m.facebook.com/428245697233690/posts/2928514567206778/?d=n

いやいや、やっぱり凄いです!

先週のハイテクハーフマラソンには私も出場していました。

ネットタイムでも1時間26分16秒なので、弓削田さんとは1分35秒もの差があったってことです。

距離にして400m以上の差でしょうか。直線でも姿は見えませんね(^_^;)

昨年末に出場した「東日本マスターズロードレース」は1時間26分53秒で60〜64歳の部の2位でしたが、その時の1位の方は24分ジャスト。しかもカテゴリー最高齢の64歳。

3分近く負けてます。ホントに上には上がいますよね。

こんな動画もありました↓

60代女子サブスリー驚異の素顔はこちら!

https://runnet.jp/topics/runnerstv/191118.html

3,000mタイムトライアルでも当然負けてます…

それにしても還暦過ぎてのサブスリー、憧れます。

この方も教員を退職して、それから7か月後の下関海峡マラソンでサブスリーを出したということなので、私の場合は今年2020年のつくばマラソンあたりが該当するんでしょうか。

仕事を辞めたからと言って、練習の量と質を上げられるかどうかは別問題です。でも間違いなく励みと目標にはなりますね。

現状でもVDOTO2の数字によれば、3時間0分台が出せる可能性はあります。来週の勝田全国マラソンがその試金石になります。

刺激を受けすぎて、走り過ぎないよう注意しながら調整しないとまずいですね(^◇^;)

ではそろそろ走ってきます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
4+