back number「だいじなこと」は「西藤公園」「花束」との3部作!

back number

「西藤公園」から「花束」へ。やっと僕は彼女への「好き」という気持ちをはっきりすることができましたね。

「花束」ではまだはっきり伝えきれていない感じがありましたが、それを「だいじなこと」でようやく仕上げた?ようです(^^;)

彼女の過去って気になりますよね。でもそれは、自分を振り返って、前の彼女とのことをどうしても思い出してしまうから。

自分のことはさて置き、彼女は今までどうだったんだろう。付き合ってだいぶ経つのに、結局聞けないままでいます。

聞いたらやっぱり前の彼氏に嫉妬してしまうのに、それでも聞きたい。

ずっと聞かなければいいのに、やっぱり過去が気になる。これって、いじけてるんですよね。

うれしいこと、楽しいことがあっても、長続きしないんだから。同じように寂しいこと、悲しいことも全部忘れられたらいいのに。

僕と君の考え方、価値観は違っていて、でもそれで当たり前。だから時にはケンカもして、でもそのあとやっぱり好きだって思うんだ。それを確かめあえればいいんだと思うよ。

価値観が違うこと、お互いの過ちを許せなかったから、前の彼女と別れてしまったんだ。ほんとは間違えることなんて誰にでもある、それを許せなかったのがいけないんだ。今、君と一緒になって、そのことに気づけたんだよ。

今の僕は、そのことがあったから、少しだけ優しくなれた気がする。相手の間違いや、違いを許せると思う。でもそれは、相手を傷つけることで分かったことだから、それを心から喜ぶのも変だし、どういう顔をしてその優しさを君に渡せばいいか、ちょっと罪悪感があるんだけど。

でも、そんな僕を君は優しく笑ってくれるんだね。

お互いが違っても一緒にいたい。そのことをずっと思い出してる。

いや「思い出す」だけじゃない、もう君しかいないと「思い知って」いるんだ。

お互いの違いを認め合って、間違いを許し合って、そうして君しかいないって思えること、それがやっと気づいた「だいじなこと」なんだよ。


…いかがですか? 西藤公園で「好き」とまったく言えなかったのに、ここまで来て「僕」も大人になりましたね^ ^

前の彼女のことがあったから、今、君のことが理解できて、衝突してもきっと分かり合える、そう思うんだ。

「君が好きだよ。」

-あれほどはっきり言えない、優柔不断な「僕」とは思えないほど成長しました。これなら彼女も大丈夫かな?(^◇^;)。

それにしても、「だいじなこと」というタイトルはあまりに真っ直ぐですよね。でもそれだけに、ここで描かれた思いは、依与吏くんの純粋な気持ちなんだろうなーと感じました。

https://penta-3.com/2019/08/01/back-number-hanataba/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
3+