10日ぶりのラン、走れる喜び。

ランニング

9月1日の誕生日にスカイツリーまで走ったのを最後に、しばらく走るのを休んでいました。

膝の痛み、というか違和感が消えず、このまま走り続けて無理しないほうがいいと判断したのですが。

この数年間、最長でも3日休んだだけだったので、4日目くらいからはかなりいじいじしてました。

走ろうと思えば走れるのに、走らないことへの罪悪感…いや別に悪いことしてるわけじゃないのですが、どうにも落ち着かない気分です。

もちろんその間、マッサージやらのケアもして、膝を伸ばした時の痛みがなくなったらすぐにでも再開するつもりでした。

しかし、なかなか簡単にはいかず、1週間。

もうこの時点で気持ち的には限界でしたが、翌週の水曜日が人間ドックだったので、そこをリミットに決めました。

ちなみにドック前に走り過ぎると、変な数値が出て再検査になってしまうので、です。

そしてドック終了。膝はまだダメですが、恐る恐るスタートします。

腸脛靭帯を刺激しないよう、なるべく足の内側を使って走ります。

以前勧められたラインウォークの感じで、アスファルトの白いライン上をはずれないように。

途中痛くなったら止めようと思っていましたが、何とか家まで10㎞、ラスト2㎞は4分台まで上げて無事に終了。

スピードは出なくても、とにかく痛みなく走れたことにほっとしました。

長いレストの期間は、このまま走れなくなるのでは、という不安もよぎりましたが、その分うれしいですね。

ランニング・フォーミュラのスピード練習も完全に中断してしまったのでまたやり直しです。

10月6日の富士五湖チャレンジ、11月のつくばマラソンに間に合うとは思えないけど、自分にとって走るってやっぱり大事な友人ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
4+