兼好が伝えたかったこと~徒然草「高名の木登り」~

ココロ

高名の木登りといひし男、人をてて、高き木に登せて梢を切らせしに、いと危ふく見えしほどは言ふこともなくて、降るるときに、軒たけばかりになりて、「過ちすな。心して降りよ。」と言葉をかけ侍りしを、「かばかりになりては、飛び降るとも降りなん。いかにかく言ふぞ。」と申し侍りしかば、「そのことに候ふ。目くるめき、枝危ふきほどは、おのれが恐れ侍れば、申さず。過ちは、やすき所になりて、必ず仕ることに候ふ。」と言ふ。

あやしき下﨟なれども、聖人の戒めにかなへり。鞠も、難きところを蹴出だしてのち、やすく思へば、必ず落つと侍るやらん。(第百九段)

久しぶりの古文の授業は徒然草です。

「高名の木登り」はこんな話です。(敬語などは正確に訳していません。)

 木登りの名人がいた。人を指図して、高い木に登らせて枝を切らせていた。とても危険だと思える高さの時は何も言わなかったのだが、降りるときになって、屋根の高さくらいまで来たころ、「落ちるなよ。気をつけて降りろよ。」と言葉をかけた。

「これくらいの高さになれば、飛び降りたとしても降りられるだろう。なぜ(この場面で)そう言うのか。」私がそう言うと、木登りの名人はこう答えた。

「(私が言いたいのは)そのことです。目がくらむような高さで、枝が細くて折れそうで危ないときは、登っている本人自身が怖いと思って気をつけるので、何も言いません。けがは、安全なところになって、必ずするものです。」

この男、身分が低い賤しい者であるけれど、その発言内容は聖人の教えに一致している。蹴鞠も、蹴り上げるのが難しいところからうまく蹴り上げたあとに安心と思うと、必ず失敗するとかその道では言うようだ。

危険だと感じているときは気をつけるのでいいが、もう安心と油断すると思わぬアクシデントが起きる。油断大敵、まさに現代でも、世界中どこでも通用する教訓です。

あまりに分かりやすく、否定のしようがないお話なので、授業もさらっと終わりがちなのですが、でもこれってそういう教訓として読むだけでいいのでしょうか?

最後の「あやしき下﨟…」の表現に注目してみましょう。

「下﨟」とは、「身分の低い者」の意味。「あやし(き)」は漢字を当てると「賤し」で、これも身分が低い、という意味です。

(タテマエであっても)「平等」が当たり前の現代日本で生きる私たちはつい忘れがちですが、この時代、この身分意識が根底にあります。

そうすると兼好にも「そんな身分の低い者が言うことは大したことはない。」という先入観はあったでしょう。

「木登り名人」は名人と言っても下﨟です。身分という意識がはっきりしていた鎌倉時代、出家したとはいえ兼好からすれば下賤の者。しかし、木登りの光景を見ながら、その人物が発した何気ない発言を兼好はしっかり耳に留めるのです。

(あんな高い木に登って枝を切るのは大変だろうな。ただ見ているだけで何も言わないあの男、木登りの名人らしいが…)

(屋根の高さまで降りてきたからもう大丈夫だろう。ん…ここではじめて「落ちるな」と言ったが、注意のタイミングとしては遅すぎる。なぜ?)

兼好は冷静な人間観察者でした。先入観を排し、自分の感じた違和感を大切にします。

この男、たとえ下﨟であったとしても、人間の性質をよく理解している。発言内容は、決してりっぱな聖人に劣るものではない。というより、経験に基づくこの言葉、非常に説得力がある…

自分自身はあまりやらないようですが、「蹴鞠」という貴族のスポーツにも当てはめて考えます。この男の言うことはすべてに通じる、と。

「あやしき下」という身分そのものを否定しているわけではありません。ただ、どのような身分であっても、傾聴に値する言葉は聞くことができる、ということです。

そうするとこの話、「油断大敵」という教訓だけでなく、「人を先入観で判断するものではない」というもうひとつの重要な要素が見えてきます。

いや、むしろこの段の中心テーマはそちらではないか?

兼好は自分自身のメンタルモデルに気づき、それを客観視することができる人物だったようです。私たちがこの話から学ぶべきは、そうした“Being”(あり方)かもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
3+