ゲストハウス板橋宿に泊まりました。安くて快適でした!

日々のこと

木、金曜と東京に2泊しましたが、その合計宿泊費、どれくらいだと思いますか?

最近ビジネスホテルも値段が上がっていて、安くても一泊8,000円くらいはしてしまいます。そこでカプセルホテルを利用することが多いのですが。

調べてみると、もっとリーズナブルな価格で泊まれるところがあります。それがドミトリー方式のゲストハウス。

今回は、東武東上線の中板橋駅から徒歩3分の、「ゲストハウス板橋宿」にお世話になりました。

http://guesthousejapan.tokyo/ja/

中板橋は池袋から電車で7分、運賃は144円。アクセスも良好です。

玄関を入ると正面にチェックインカウンターが

2016年の9月にオープン。まだ3年経っていないこともあり、とにかくきれいです。

以前、京都と長野のゲストハウスに泊まったことがありますが、京都は町家を、長野は古い民家を改装したものでしたので、風情はありましたが、多少の不便さも否めませんでした。

特に長野はマラソンの前日に泊まったのですが、4月なのに雪が降り出し、廊下側の戸口付近に寝ていた私は、その隙間から吹き込む風が寒くて眠れませんでした(^_^;)

今回はそれらと対照的ですね。

チェックインは16時から23時まで。それ以降はホストが不在になりますが、出入りは自由にできます。

ただし、玄関のドアを開けるためには、チェックインの時にもらうタグが必要です。

このタグを受け取ります。

これを忘れて外出すると、中に入れなくなるので注意が必要です。

料金は2,200円。支払いはカード、PayPayも可能です。ベッドは上段と下段の希望を聞いてくれたので、迷わず下段で。

そのあと館内の利用方法を丁寧に説明してもらって、とりあえずベッドに行きました。

ベッドルームの入口にも荷物置場があります

マットも枕も適度な硬さでした

カプセルよりも広くて、照明、コンセント、USBも枕元にあり、寝るには充分です。テレビはありませんが、観ないので不要。

洗面所も清潔です

タオルは有料で歯ブラシ等のアニメティは基本ありませんが、値段を考えれば当然でしょう。

ナンバー式の貴重品ロッカーもあり、地下に降りるとロビーです。

階段から見るとこんな感じ。広いです。
本や漫画、トランプなどのゲームも常備

調理ができるキッチンではありませんが、電子レンジやオーブントースターがあります。何よりドリップコーヒーが飲み放題でしたよ。

ロビーの奥にシャワールームが3室あります。トイレもウォシュレット付き。すべて男女別になっています。

外国の方ばかりかと思っていたのですが、日本の方、それも男女年齢問わず泊まっていました。

今回は特に交流みたいなものはありませんが、「流しそうめん」とか「たこやきパーティ」とか「習字体験会」とか、ときどきイベントをやっているようです。

基本的に館内は静かで、話し声もほとんど聞こえないので、どの時間帯でもゆっくり休むことができると思います。

というわけでチェックアウトの11時まで、快適に過ごさせていただきました。

昨日のカプセルホテルと合わせて宿泊費の合計は4,900円でした。この値段なら今後もずっと利用したいですね^ ^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
3+